求人ジャーナルという求人情報誌の特徴について 求人ジャーナル@地域限定の求人情報ならここ!!

2007年09月09日

求人ジャーナルという求人情報誌の特徴について

求人ジャーナルという求人情報誌を販売している会社があります。本店は群馬県高崎市です。情報媒体は79エリア、890万部発行の新聞折込「求人ジャーナル」、無料の求人情報誌でフリーペーパー「jobジャーナル」、書店、コンビニ等に毎週日曜日発行で有料雑誌(100円)の「週刊求人ジャーナル」です。さらにインターネットでも随時求人情報を公開しています。これ以外には登録すると毎週土曜日に求職者が欲しい求人情報がメールで送られてくるお「仕事マッチングメール」もあります。

株式会社求人ジャーナルは求人情報だけでなく、不動産情報、つまり賃貸、不動産売買情報なども扱っています。また、フリーペーパーのクーポン情報・タウン情報誌「タウンジャーナル」、群馬県・埼玉北部版限定の中古車情報誌「Car-J」、書籍出版物では「まるごと食べ歩き」シリーズの群馬県版・埼玉県版・栃木県版・長野県版、「温泉宿」シリーズの群馬県版・長野県版・栃木県版・新潟県版・山梨県版・神奈川県版なども発刊しています。

求人情報というのは、その人の人生のある時期のある時間を拘束する情報をもたらします。しかし、最近のように雇用の流動化が進み、正社員の数が極端に減ってきた現状は、求人ジャーナルのような会社にとっては都合のいい状況です。正社員は必要ない、派遣社員でもせいぜい1年から3年の雇用、という現状は、常に求職者があふれているということです。つまり雇用の流動化が進めば進むほど儲かる構造になっています。

仕事を選ぶに当たって現代ほど多様な形態が存在する時代は初めてではないでしょうか。通常の就職、派遣、契約社員、アルバイト、派遣という名の日雇い、フリーター、フリーという名の自由業、自営業など選択肢は本当に多様です。自営業や自由業を除いて、多くの人は転職、学卒以降の就職などはやはり情報誌に頼る面が多いと思います。雇用の流動化という状況の中で、こうした情報誌の役割はかなり重要です。しかし、情報誌でその会社の情報は本の少ししか分かりません。分かるのは就業条件くらいなもので、求職側からすれば、ある意味「賭け」の要素があることを頭の隅に入れておく必要があります。

posted by 求人ジャーナル at 18:22 | 求人ジャーナル情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。